仮想通貨投資ビジネスとは

ビットコインで成功したチームイエス

ビットコインで成功したチームイエス 近年、耳にすることが多い仮想通貨ですが、実際に手に取って触ることが可能な通貨ではありません。
インターネット上で使用できる通貨のことで、この仮想通貨と交換してモノを手に入れることができますし、専門の取引所を介せば、いろいろな国の通貨に替えることも可能です。
仮想通貨と一言で言っても、通貨にはモナコインやライトコインなどの種類があります。
その中で最も名を馳せている仮想通貨といっても過言ではないのが、ビットコインです。
チームイエスは2017年にビットコインに注目し、AIトレードを活用してビットコインで富を手に入れ成功者を多く輩出させるために結成されました。
会社としては2018年に設立し、仮想通貨のビットコインを主にした投資ビジネスを行っています。
代表取締役社長である礒貝氏のブログからは何台ものスポーツカーが掲載されています。
このことから、このビジネス実際に成功していることがわかります。
もちろん、何の失敗もなくチームイエスは成功を収めたわけではありません。
多くの失敗を重ねてきたからこそ、今の成功があると礒貝氏は自身のブログで語っています。
成功は失敗の先にしかありませんから、これからも決して失敗を恐れることなく前を向いて進んでいく会社です。

チームイエスが仮想通貨投資ビジネスをやめない理由

チームイエスが仮想通貨投資ビジネスをやめない理由 2018年1月16日、それまでまさにバブル期状態であったビットコインが記録的な暴落したと世界に衝撃が走りました。
明確な原因は不明ですが、世界各国で仮想通貨による規制が始まったことが原因の一つとして考えられています。
しかし、ビットコインの投資ビジネスを展開しているチームイエスは、ビットコイン含め仮想通貨は今後もなくなることはないと考えています。
確かに、今回の暴落もバブル期が終わっただけであり、仮想通貨自体は無くなっていません。
チームイエスは、仮想通貨はインターネットがある限りなくすことは難しいものであり、インターネットは今後も無くせないものであるため、仮想通貨もどうようであるとの考えを提示しています。
日本国内では、規制がされるのか今後のことは不透明ではあります。
しかし麻生財務大臣は「何でも規制すればいいとは思わない」と発言をしていることから、そこまで厳しい規制にはなる可能性は少ないでしょう。
これらのことから、仮想通貨の投資による成功はまだまだ見込めると言えるでしょう。